◇「JCDA合唱の祭典~歌われる詩Vol.2~工藤直子~」


6月11日(土)「JCDA合唱の祭典2016 第17回 北とぴあ合唱フェスティバル」

         歌われる詩Vol.2~工藤直子~

に出演しました。

フェアリーズは相澤直人先生指揮、福﨑由香先生ピアノで

 

「ほほう!」 横山潤子 作曲

「いっしょに」 ずけらんなおこ 作曲

「たからもの」 氏家晋也 作曲

「ぼくはぼく」 三宅悠太 作曲

 

の4曲を演奏しました。

もちろん、すべて工藤直子さんの詩による曲です。

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相澤先生は、今回は特に言葉をきれいに歌うことを、繰り返し繰り返しご指導くださいました。

 

中学生メンバーは体育祭が終わってから駆けつけてくれて、決していいコンディションではなかったけれど、みんな心を込めて演奏してくれました。

 

作曲の横山先生、氏家先生、そして三宅先生が聴いてくださり、工藤直子さんからは大!絶賛していただきました。

 

今回初めてお会いした三宅悠太先生からは「フェアリーズの子どもたちのとてもしなやか(!)な演奏、聴きにお伺いできて本当によかったなあと、しばらく余韻を噛みしめました。指揮の相澤さんが音楽の中で大事にされていることが、子どもたちの演奏の中に自然体で生きていて実に素敵でした。会場の空気にも、途端に風通しが生まれたような印象を受けました。是非、またの機会にお会い出来たら幸いです」とコメントをいただくことができました。2013年に初めて三宅悠太先生の曲「いまの『いま』」に出会って、その新鮮な息吹に大きな感銘を受け、「いつかお会いしたいな」と思っていたのですが、願いは叶うものですね。

 

そして合同合唱は、松下耕先生指揮で「真夜中のこもりうた」

合唱界をリードする才能あふれる素晴らしい先生方のもと、歌うことができて、メンバーにとっては本当に幸せなステージでした。

20160611松下耕先生合唱!cid_06642138-BD60-4488-90E5-91427521A633

 

 

 

 

 

 

 

私は今回は、ステージに上がらないので「なるべくいい状態でフェアリーズを相澤先生に委ねたい」と必死だったのですが、相澤先生が後でFacebookで「フェアリーズのあたたかい演奏には指揮振りながら涙が出そうになるし・・」とコメントしてくださったのを読んで、私も涙が出そうになりました。相澤先生、福﨑先生、美しい音楽をありがとうございました。

 

この時期、メンバーの入れ替わりもあり、音色も定まらず厳しい状況でしたが、たくさんのお客様に、工藤直子さんのあたたかい、素直な詩の世界を伝えることができて本当に立派でした!

お疲れ様でした!

 

さて、写真は三宅悠太さんからの差し入れのワッフルです!!豪華!!!

みんな大感激!!\(^o^)/

(by  morimoto)

 

20160611 ワッフル!cid_B05C540D-E428-44B2-84F5-8779D187D194

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪