Latest Posts

◇リトルクラスの今日!

2014年2月1日(土)

リトルクラス、『ハンドサイン』を教わりました!

「ドレミファソ」も手話のように、『ハンドサイン』で歌えるんですね。

上のクラスのみんなも教わっていますが、今回は、リトルクラスでご紹介いたします。

リトルさんが♪『ちょうちょ』をいっしょーけんめいに歌いながら、腕全体で音を表現してました。

これで、またひとつ、コミュニケーションのしかたが増えましたね。

(by 保護者Y・I)

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪


◇幕張総合高校合唱部との合同チーム『MSCCフェアリーズ』始動!!

2月に行われる「東京春の合唱コンクール」に幕張総合高校合唱部一年生とフェアリーズとの合同チーム『MSCCフェアリーズ』として出場します。。(M…幕張、S…総合高校、C…コーラス、C…クラブ)

幕張総合高校合唱部は去年、一昨年とNHK全国合唱コンクール全国大会で2年連続一位の日本一の合唱団です。
今回のお話はフェアリーズにとっては夢のような本当に素晴らしいお話です。


1/26は2回目の合同練習でした。
最後にミニコンサートを開いてくれました。
幕総高の男声合唱、女声合唱、そして全員での混声合唱とフェアリーズのメンバーのために歌ってくれました。
みんな声の美しさと迫力で感動して言葉も出ませんでしたね。今日本で一番の歌声と音楽を直に感じた瞬間でした。これが本物の力なんですね。やっぱり本物はすごい!!
普段の練習の様子や生徒さんたちの取り組みを学べるのも勉強になります。
幕総高の山宮篤子先生は「結果にとらわれず、今回のコラボを大いに楽しみましょう!」とおっしゃって下さっています。
このチャンスに感謝して、春コンに向けて精一杯頑張りましょう!!(by morimoto)

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪


◇渡部先生のサイト、のぞいてみて!

2014,1,19の渡部先生のサイト、とても素敵に雪が降っていて・・・フェアリーズのことを書いてくれてますよ。フフフッ・・・のぞいてみてください。(by 保護者Y・I)

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪


◇第24回千葉県合唱アンサンブルコンテストにて『金賞』を受賞!!!

2014年1月19日(日) 京葉銀行文化プラザ音楽ホールにて、行われました「千葉県合唱アンサンブルコンテスト・ジュニアの部」で、見事『金賞』を受賞しました!

アンコン金賞は、5年連続、6回目になります。

今年の曲目は、

≪同声(女声)合唱とパーカッションのための4つの舞曲『シチリアーノ』≫木下牧子:曲

≪ヒッコリーのおくさん≫ De La Mare:詞/ 吉田映子:訳詞/ 横山潤子:曲

の2曲。

指揮: もちろん 森本真由美先生/ ピアノ: おなじみ 臼田圭介先生/

今回は鈴のパーカッション: 言わずと知れた 渡部聡司先生/ メンバー20名での演奏でした。

冬休みも毎日、練習して声を磨き、特別講師として横山潤子先生と、相澤直人先生にもご指導を頂き、曲を仕上げてきました。

その成果が実り、感無量です!

1 005

**********            **********          ***********

いつも感謝!今回も感謝です!

『シチリアーノ』の渡部先生の鈴、2種を、曲の流れに合うように演奏してくださいました。鈴の音色が違うと、こんなにも雰囲気って変わるんだと、聴き入りました。

そして、ピアノ伴奏の臼田先生は、練習の時も本番も、なにげな~くいつもそばにいてくださいます。みんなが当たり前に思いがちですが、練習の時から、きっちり伴奏して下さり、練習しやすくしてくださっているんです。本番、臼田先生の伴奏の大切さを感じました。

なにより、お忙しい中、毎日毎日、練習時間をとってくださり、曲とメンバーをここまで一体化して磨いてくださった森本真由美先生!今回は今回で、ご苦悩も多かったのではないでしょうか?しかし、このメンバーにも「金賞」を取らせていただいて、【成功体験】をありがとうございます!

先生方、本当にありがとうございました。この場をお借りして、保護者からの声を代表し、感謝申し上げます。(by 保護者Y・I)

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪


◇とても贅沢なクリスマスレッスン!

2013年12月25日、作曲家・合唱指揮者の相澤直人先生、作曲家の横山潤子先生そして幕張総合高校の山宮(さんぐう)篤子先生にご指導いただきました~!

写真前列右から5・6番目:相澤先生・横山先生。後列左1番目:山宮先生。後列右1・2番目:臼田先生・森本先生。

とてもぜいたくな練習日でした。

前回に続き、曲想を教えて下さる横山先生!

横山先生のイメージを、歌にするにはこんな歌い方でと、言葉を砕いてわかりやすく教えて下さる相澤先生。

毎回、先生の歌い方の比喩表現は、楽しいのです。今回は、「ウエットティッシュを引き抜くように」という表現をされたり、さらに「ホイコーロー」や「ごぼうのささがき」、最後に「NIKEのマーク」というのも出ました。

そして、山宮先生からも、エッセンスを1滴垂らすように効果的な一言をいただき、さらに、よりよい表現を模索していました。

こうして、夢のようなご指導のシャワーを浴びた、このメンバーは、どのような歌を作り上げていってくれるのでしょうか?これからの成長が楽しみです。

先生方もどう言ったら、メンバーが歌いやすくなるのか、さまざまに考えてくださり、丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました。                                               (by 保護者Y・I)

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ お問い合わせはこちらから♪