◇教科書教材のレコーディング◇

秋晴れの日曜日、都内スタジオで教科書教材のレコーディングを行いました!

前回のレコーディングはコロナ前だったため3年ぶりのことで、初めてのメンバーも沢山います。

 

録音では、音高やリズム、ディナーミクをいつも以上に気をつけるので、音に対する集中力がグンと増します。

録音をその場でバックしてくれるので、客観的に自分の歌や声を聴くことができて、発見や上達の手助けになるのもレコーディングならではです。

 

教科書教材ということで、日本全国の子どもたちのお手本になるように、という【いい演奏をしたい】という意識や、プライドも生まれてくるようです。

相澤直人先生やお世話になった皆様、ありがとうございました!お疲れ様でした。

 

先生たちも真剣!
  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ
 HP TOPへはこちらから♫
 お問い合わせはこちらから♪


◇千葉県合唱コンクールに出場しました◇

8月21日(日)、千葉県文化会館で行われた「千葉県合唱コンクール」に出場しました。初めての参加です。
直前までメンバーの怪我などで、全員でステージに上がれないかもしれないという状況でしたが、メンバーが団結してフォローし合い、25名全員揃って歌うことが出来ました。本当によかった!!
いつもとは違う感動と感謝、また深く大切な学びがあった今回のコンクールでした。
初出場でしたが銀賞に輝いたことは素晴らしい結果です。新たな目標もできました!

 

暑い夏もそろそろ終わりです。
秋はレコーディング、イベントと大忙しです。頑張りましょう!そして楽しみましょう!

もうすぐ本番です

 

受験生はこれから受験に向かって頑張ります!
  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ
 HP TOPへはこちらから♫
 お問い合わせはこちらから♪


◇京都遠征は忘れられない思い出に◇

7月17日(日)、祇園祭で賑わう京都で開催された「京都アルティ声楽アンサンブルフェスティバル」にて、招待演奏を行う機会をいただきました。
コンクール以外での遠征は久々です。

 

このフェスティバルは、特別演奏のなにわコラリアーズを筆頭に関西地域の有名な合唱団が出演するハイレベルな演奏会で、フェアリーズも恥ずかしくない歌声をお届けできるよう、この数か月練習に取り組んできました。(その様子は公式Twitterをご覧ください。)

 

会場は音響に定評があり可変式の舞台が特徴の京都府立府民ホールアルティ。
京都御苑向かいの街並みに調和した趣のあるホールです。

 

冒頭の挨拶に続き、今回まず披露したのは、先月のNHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会でモデル合唱団を務めた際に演奏した「とどいてますか」と「Replay」。
最初は緊張していたメンバーも、あたたかい会場のお客様に迎えていただき、伸び伸びと演奏することができました。

 

その後、昨年の東京国際合唱コンクールでグランプリをいただいた「フォルテは歩む」などを演奏し・・・

 

最後はとなりのトトロのオープニング主題歌「さんぽ」を振り付きで披露。
会場から思いがけない手拍子もいただき、大きな拍手の中で感激のうちに演奏を終えました。

 

最後はみんなでニッコリ集合写真。
長時間お疲れさまでした!

 

またフェスティバルの合間をぬって訪れた祇園祭では、幻想的な宵山と迫力の山鉾巡行に大喜び。
メンバーの親戚に伝統の菊水鉾の関係者がいたご縁で、なんと山鉾の上に乗せていただきました!
そしてきれいな菊水の扇子のプレゼントまで!これはもう宝物ですね。




 

最終日は、グループで京都観光に出かけました。
中高生は定番の清水寺や京都タワーへ、そして小学生たちは機織り体験に。
充実した素晴らしい京都遠征でした。


 

引率してくださった保護者の皆様、そしてお世話になった京都の皆様、本当にありがとうございました!!

 

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ
 HP TOPへはこちらから♫
 お問い合わせはこちらから♪


◇Nコン課題曲の講習会でモデル合唱団を務めました◇

6月11日(土)、「JCDA合唱の祭典2022 第22回北とぴあ合唱フェスティバル」NHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会の小学生の部と中学生の部にて、モデル合唱団を務めさせていただきました。

会場は北とぴあのさくらホール。音響面でも評価の高い大ホールに、フェアリーズの歌声が響き渡ります。今年の講習会は有観客開催かつライブ配信で行われたため、会場各所に配信用ビデオカメラが設置されていました。

Nコン2022小学生の部の課題曲は谷川俊太郎先生作詞・新実徳英先生作曲の「とどいてますか」。数々のNコン課題曲を手掛けてこられた両先生による、子どもたちが全身を使って歌を表現する楽しい曲ながらも度重なる転調と変拍子が続くという難しい曲でもあり・・・公式Twitterでもその様子をご紹介してきましたが、楽譜をいただいてからの2か月弱集中的に練習に取り組んできました。そして、中学生の部の課題曲はメロディがとても綺麗な「Replay」です。

本番前、舞台袖で子供たちと談笑くださる新実先生。本番に向けた緊張が解けていきます。



そして迎えた小学生の部本番。新実先生と笹口圭吾先生のご指導の下、3分半の楽曲について1時間半かけてフレーズ毎に歌い方や指揮の仕方などの講義が行われました。先生方の言葉でどんどん上達する子どもたち。講義最後の再度の通し練習では、今までで最高の演奏を披露することができました。長時間、本当に良く頑張りましたね。

そして、講習会後には、舞台裏で新実先生と笹口先生、ピアノの奥田先生と記念撮影!モデル合唱団という大役を無事務めた子どもたちの笑顔がはじけます。

 

続いては、中学生の部の「Replay」。中学生・高校生にとっては小学生の部から続いての出演となり、やや疲れも見えましたが、指揮の清水昭先生、編曲の田中達也先生のご指導の下、こちらも綺麗なハーモニーで歌い上げました。

そして、講習会後は先生方と記念撮影!またとない貴重な学びの一日が終了しました。

 

私たちフェアリーズは地域の児童合唱団のため、Nコンには参加できませんが、こうやって初めて関わりを持てたことを大変嬉しく思います。Nコンに参加される全国の皆さん、リアルで歌えるって素晴らしいですよね。どうか精一杯頑張ってください!!

また、モデル合唱団としてオファーに始まり、様々な場面でフォローしてくださったJCDAの先生方、本当にお世話になりました。誠にありがとうございました。

最後に、講習会の様子は、JCDAのHPより今年いっぱいアーカイブ配信(有料)されていますので、もしよろしければぜひご覧ください。

 

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ
 HP TOPへはこちらから♫
 お問い合わせはこちらから♪


◇体験会を開催しました◇

2022年4月23日、打瀬公民館コアホールにて

はるのわくわくステージたいけん! いっしょにうたおう!」を開催しました。

 

昨夏に続いての開催となった体験会。

今年も新型コロナウイルス感染対策を施した上で、無事に開催することができました。

参加してくれた子どもたち、そして保護者の皆様、本当にありがとうございました。

レギュラークラスのメンバーにお手伝いをしてもらってハンドサインを一緒にやったり、「小さな世界」や「ビリーブ」を元気よく歌ったりと、体験会はあっという間に時間が過ぎていきました。

また、休憩時間にはみんなで仲良く鬼ごっこ!

最後は、ミニコンサートとして、今日練習した曲を子供たちみんなで、また「翼をください」をメンバーだけで披露し、体験会を締めくくりました。

昨夏に入団したメンバーの大きな成長を感じた一時でもありました♪

体験会にお越しくださった皆さん、どうか一緒に歌えることを楽しみにしていますね☆

 

  ♫ジュニアコーラス フェアリーズ
 HP TOPへはこちらから♫
 お問い合わせはこちらから♪